<< リューベック | main | Insomnia >>

スポンサーサイト

  • 2015.12.26 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ヴァリアシオン・ゴールドベール

アンドラーシュ・シフ

昨夜テレビを付けたらアンドラーシュ・シフがピアノを弾いていた。(3月10日東京オペラシティ)

 1975年リーズ国際ピアノコンクールで第3位になったシフについては奇妙な思い出がある。テレビで見るとすっかりオジンになってしまったシフだったが、静かな物腰は若い頃と変わらない。まるで教会の牧師のような佇まいだった。

 リーズ国際ピアノコンクールで第2位になったのがモーツァルト弾きの内田光子だったが、そのニュースを日本で聞いてから数年後、あるとき私はニューヨークに出張した。いつものように音楽会の案内を調べるためにリンカーンセンターの交差点を渡ろうとしたとき、電信柱にマジックインクで大書されたポスターを目にした。ポスターというよりは単なる張り紙だった。Andoras Schiff Piano Recitalとだけ書かれていて、何処か近隣の会場が小さな文字で案内されていたような気がする。そのリサイタルには行かなかったが、町内会の張り紙のような掲示が面白く感じられた。

 シフはシューマン、シューベルトといった浪漫派の音楽を得意とするピアニストで、昨夜のアンコールでもそれを弾いていたが、最後にバッハのフランス組曲第5番を弾いた。

 そうか、彼はバッハ弾きでもあったのだと思い返して、今日、シフの「ゴールドベルク変奏曲」をひねもす聴いていた。この曲は、グールドの決定版的な録音があまりにも強烈で、ほかのピアニストではなかなか聴く機会がない。が、シフで聴いてみると、大いに浪漫派的に、感情の起伏がよく伝わってきて面白かった。

 伝えられるところによると、この曲はドレスデンの貴族カイザーリング伯爵が、眠れない夜に、お抱えピアニストのゴールドベルクに演奏させるため、バッハに作曲を依頼したものであるらしいが、罪深いグールドが古今の名曲に仕立て上げてしまった。

 グールドの伝説的演奏が詩を思わせるとすれば、シフの演奏は耳に心地よい散文の朗読を聞いているようでどこかほっとさせる。

 キース・ジャレットがゴールドベルクを原曲の指示に従ってチェンバロで弾いている。
「私にとっては、旋律線それ自体がとても表情に富んだものなのです。J・S・バッハの作品に対して、多くのピアニストは、何か音楽にたくさんのものを押しつけています。旋律の方向それ自体にも、音が動く線そのものにも、既に本来備わっている表情があるのです。このことを意識できぬ人々は、目の前の音楽に何かを付け加えたくなるのでしょう」と、明らかな挑戦状をライナーノーツに書いているが、はたしてどちらに勝機があるのだろうか。

 キース・ジャレットの上の記述は私にあるヒントを与えた。アイロニーを駆使して次のように読み替えてみた。

 「私にとっては線それ自体ががとても表情に富んだものなのです。パウル・クレーの作品に対して、多くの批評家は、何かしら作品にたくさんのものを押しつけています。線の方向それ自体にも、自由に動く線そのものにも、既に本来備わっている表情があるのです。このことを意識できぬ人々は、目の前の絵画に何かを付け加えたくなるのでしょう」

スポンサーサイト

  • 2015.12.26 Saturday
  • -
  • 22:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
始めまして。 
新潟の「蔵織」様で新藤様の事を知ってから楽しく拝見しております。先日近くの寺に秋吉敏子氏の演奏を聴く機会がありベーゼンドルファーが秋吉さんの手にかかっていい音を出してました。東京オペラシティにインペリアルを選定したシフ氏の事と新藤様のブログを思い出しておりました。間章を何かの音楽かと思ってしまうぐらい知識なしの私ですが新藤さんのブログは大好きです。クレーも当然好きです。これからも楽しみにしております!!
  • 美恵子
  • 2008/04/29 6:14 PM
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM