<< 台峯日乗 79 | main | 台峯日乗 81 >>

スポンサーサイト

  • 2020.02.07 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


台峯日乗 80

阿蘇

日曜日、誕生日を迎えた。64歳になった。

 むかし「フランシーヌの場合は〜」という歌があった、誰の歌だったか覚えていない。なかに「♪さんがぁ〜つさんじゅうにちの(3月30日の)にちよおび(日曜日)♪」という歌詞があって、それだけは覚えている。博多を発って雲仙観光ホテルに到着した夜だ、何気なく(何気ない筈はないが)ホテルに「今日は私の誕生日で、明日はこのフラン人(アネット・クレー)の誕生日なんです」と云った。

雲仙観光ホテルケーキ するとホテルの人が気を遣って、その日のディナーで左様なケーキを出してくれた。まこと様、Happy Birthday! というカワイイお皿だった。むろんアネットにも同様のお皿が出された。結局、私たちはここに3泊した。素晴らしい建物だったからだ。前日「美の巨人たち」なるテレビ番組でホテルの建物が紹介されたらしい、1930年建築家早良俊夫作、硬質の硫黄泉でわたしたちは滞在中、朝に夜にさんざん温泉に入って過ごした。



天草大江教会 二日目、天草へ行った。私たちの誕生日に教会へ行きたかったからだ。大江チャーチが太陽の光りに映えて美しかったが、残念ながら月曜休館とあって御堂の中には入れなかった、それで次に津の教会へ行った。中庭で子どもたちが遊んでいた。教会のなかは静まりかえっていた。

天草津教会 わたしは額づいて神に祈った、どうか罪深きわたしの人生をお許しくださいと、ほかに何を祈ることがあろう、64歳の誕生日には相応しかった。今朝もう一度温泉に浸かってから山を下り、島原外港から熊本までフェリーのに乗った。ホテルにチェックインしてすぐに阿蘇へと向かう。夕刻近く、それでも西の空は明るく、峠に車を駐めて来し方を眺めた、雲の合間から光りが降りていた、遠くに海が光っている。それから山頂に登り噴火口を見た。
それが私たちの住む星地球の姿に見えた。




阿蘇噴火口






 

スポンサーサイト

  • 2020.02.07 Friday
  • -
  • 23:24
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM