<< ミュンヒェン | main | A Happy Birthday to me ! >>

スポンサーサイト

  • 2020.02.07 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


デッサウ

マイスターハウス

日の光で目が覚めた。

 前日までの曇天が嘘のように、デッサウでの最後の日、朝起きると窓の外に青空が広がっていた。バウハウス財団でのセッションが3日間続き、私はデッサウ・バウハウス財団のトルステン・ブルーメと財団倉庫を行ったり来たりしながら、また彼のオフィスでデータベースを検索したり財団のいろいろな部門に挨拶に行ったり、館長のオズヴァルトさんとお金の話をしたりして忙しい毎日を過ごした。その朝、それまでドイツの暗い冬の雲が空を覆っていたのだが、帰る日になって、突然、春になった。

 デッサウに到着した日、つまり伊藤瞬星夫妻とウィーンでオペラを観た翌日、汽車を9時間乗り継いでようやくデッサウ駅に着いたのだったが、駅舎を出ると外は冷たい雨が降っていて、それから荷物を引きながら夜道を凍えて歩いた。バウハウス財団のカフェで鍵を受け取り、学生寮の一室に入ると私は荷を解く余裕もなくベッドで眠ってしまった。

 学生寮とは、デッサウ・バウハウス校舎にあるかつての学生用アトリエ(兼宿舎)を現在はゲストハウスとして使っているもので、各階に7部屋、エレベーターもなくトイレもシャワーも共同なので、旅行者には便利とはいえないが、グロピウス設計の世界文化遺産に宿泊して30ユーロ(3,600円)は人気が高く、最近は予約でいっぱいになってしまうらしい。

デッサウペンション これまで私はデッサウへ来ると学生寮を定宿にしてきた。だが今回、インターネットを使えない学生寮では仕事に差し支えるので、最初の一晩だけは到着が遅いこともあって一泊したが翌日から近くのペンションに移った。ペンションはかつてのグロピウス・ハウス(学長官舎)の真ん前にあり、部屋は清潔で(ドイツだから当たり前田のクラッカー)、朝食も美味しく、テレビでCNNもBBCワールドも観られ、サロンでは無線LANが無料、財団まで歩いて5分、それで49ユーロ(6.000円)となれば、私は今後当ペンションを愛用することに決めた。

 デッサウを離れる日の朝、ハレからマルティン・ビューデルがやってきた。彼とは久しぶりだ。2006年「日本におけるドイツ年」文化事業の一環として、東大駒場博物館でバウハウス展が開かれたのだが、その時マルティンはスタッフの一員で、何度も日本へやってきた。1930年代、ナチスによってバウハウスが崩壊すると教職員や学生の一部はハレのシュロス・ギービヒェンシュタイン美術学校に移るのだが、同校は現在でも活動中で、マルティンはそこでデザインを教えながら、自身インテリア・デザイナー、建築家としてユニークな仕事をしている。バウハウス財団のトルステンが彼に声を掛け、今回マルティンは私たちのプロジェクトを手伝ってくれることになった。というのも、今年9月から東京で開かれる「バウハウス・スタイル バウハウス・キッチン」の展覧会場に、バウハウス・マイスター・ハウス(教授官舎)のキッチンを再現しようと考えているのだが、デッサウに再建されたキッチンは、レイアウトは当時のものとはいえ、内部の様子は当時のままに再現されているわけではない。そこでマルティンの助けが要る。水場のベイスン、ドアノブ、壁の食器棚、引き戸など、当時のフィルムや資料を参考にして詳細を再現してみたいのだ。

 朝、突然の春の光に驚いて私は外に出た。ペンションの前に出て写真を撮った。左側の木の枝の背後にあるのがオスカー・シュレンマーの家、その向こうにカンディンスキーとクレーが暮らした二世帯住宅の白い壁がみえる。午前中、トルステンとマルティンと一緒にシュレンマー・ハウスのキッチンを丹念に調べてみた。マルティンは、翌日、学生を連れてふたたび現場にやって来て建物内部を採寸すると言っていた。私はその日の午後、デッサウを離れてミュンヒェンに戻り、翌日、成田行きの飛行機に乗った。

 東京に帰るとパリの瞬星からメールが届いた。東京はすっかり暖かくなったと返信するとすぐに、パリも春の気配だと返事がきた。考えてみればウィーンの夜が一番寒かったとも書かれていた。たしかに。『さまよえるオランダ人』を観て、ヴィエナー・シュニッツェルを食べに行こうと、むかしよく通ったアウグスティナーケラーまで歩いたときの風の冷たさったらなかった。

スポンサーサイト

  • 2020.02.07 Friday
  • -
  • 02:43
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM